インウェブアウトの代表「大西修平」は、高校時代、誰もが思う「英語を学びたい」「ハワイの大学で留学・勉強したい!」という夢を持ちました。ただ、彼が他の人と違う点は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーという難病を患っており、自分一人では何も出来ないという点でした。

Shuhei Onishi, CEO of InWebOut, had a dream that he wants to learn English and study abroad in Hawaii when he was a high school student. However, it was not easy to do so since he had a critical illness called Duchenne Muscular Dystrophy and could not do anything on his own.

そんなときにその夢を実現するきっかけをくれたのが、「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(Make-A-Wish® Japan)」というボランティア団体でした。「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味のボランティア団体で、3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。

At that time, he was able to know a volunteer organization called Make-A-Wish® Japan which gave him the opportunity to realize his dream. “Make-A-Wish” is a nonprofit organization founded in the United States that helps fulfill the wishes of children with a critical illness between the ages of 3 and 18 years old.

「ハワイの大学で留学・勉強したい!」という夢は、現実的、長期的に難しい夢でしたが、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン(以下「メイク・ア・ウィッシュ」という)は「ハワイの大学で留学・勉強したい!」という夢を叶えるため、「夢を実現するための準備・下見をする」という夢を彼に提案しました。彼は、メイク・ア・ウィッシュと一緒にその夢を実行することにしました。

“I want to study at a college in Hawaii!,” his dream, was realistically difficult for Make-A-Wish of Japan to make the dream come true. However, Make-A-Wish proposed to him a dream of “preparing and previewing for the realization of my dream” to make his dream come true. He decided to work with Make-A-Wish to make his dream come true.

渡航前、事前にメイク・ア・ウィッシュのボランティア ・チームと、「具体的に留学した後に必要な部分」をフォーカスし、何度かミーティングを重ねました。旅行で行ったことのあるハワイも、将来留学する・生活するとなれば、ハワイで生きるための知識はもちろん、彼にとって現地での支援や協力者が必要でした。ボランティア ・チームは、色々なコネクションを使い、直接現地の支援団体や大学などに連絡を取り、実際に打ち合わせが出来るようアポイントメントを取り、「夢を実現するための準備・下見をする」という夢を全面的にバックアップしました。

Before his trip, he had several meetings with a Make-A-Wish volunteer team to focus on what he needed to do after his study abroad. He had been to Hawaii before as a tourist, but if he was going to study and live in Hawaii in the future, he needed not only the knowledge of how to live in Hawaii, but also local support and many people to help him. The volunteer team directly contacted local support associations, universities, and colleges, and made appointments for actual meetings, and provided full support for his dream of “preparing and previewing for the realization of his dream.”

2002年9月、彼はメイク・ア・ウィッシュの協力のもと、ボランティア ・チームの方と彼の家族と共にハワイへ渡航しました。渡航費(航空券)は、ノースウエスト航空(現・デルタ航空)のマイレージの寄付、ホテルは、Hilton Hotels & Resortsが運営するヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパから無料で部屋を提供、現地での行動で掛かる費用は寄付で運営するメイク・ア・ウィッシュが全て負担しました。

In September 2002, he traveled to Hawaii with the volunteer team and his family. Airfare was provided by Northwest Airlines (Currently known as Delta Air Lines) through a donation of frequent flyer miles, hotel rooms were provided free of charge by Hilton Hawaiian Village Beach Resort & Spa by Hilton Hotels & Resorts, and all local expenses were covered by Make-A-Wish through donations. Make-A-Wish paid all the expenses for the trip.

約1週間の旅の中で、ハワイ大学マノア校のEnglishの教授との面会、ハワイパシフィック大学のELS授業に参加、ハワイ大学ホノルルコミュニティカレッジのESL授業に参加、ハワイ自立生活センターのカウンセラーとの面会、ハワイ筋ジストロフィー協会のカウンセラーとの面会など、留学実現の準備に繋がるきっかけを作ることが出来ました。

During the trip, they met with an English professor at University of Hawaiʻi at Manoa, attended a ELS class at Hawaii Pacific University, attended a ESL class at University of Hawaiʻi – Honolulu Community College, met with a counselor at Hawaii Center for Independent Living, and met with a counselor at Muscular Dystrophy Association Hawaii. He was able to create an opportunity for him to prepare for the realization of studying abroad.

その後、彼は高校卒業までの2年間を、夢である留学実現の準備をし、2004年4月、高校卒業後すぐに本格的な留学をしました。そして約3年間ホノルルに滞在し、ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジを卒業し、留学を終え、夢を実現し、帰国したのでした。

After that, he prepared to realize his dream of studying abroad spending next two years until he graduated from high school. In April 2004, right after graduating from high school, he flied to Hawaii to study abroad. He has stayed in Honolulu for about three years, graduated from University of Hawaiʻi – Kapiʻolani Community College, completed his studies, realized his dream, and came back to Japan.

その後、彼はインウェブアウト留学センターを起ち上げ、彼と同じ「ハワイの大学で留学・勉強したい!」という夢を持つ方々の夢の実現のお手伝いをしています。彼は言います。「メイク・ア・ウィッシュは、全てのきっかけを作ってくれた」と。

After that, he established InWebOut Center for International Education to help people who have the same dream as his, “I want to study at a college in Hawaii!” Now, he says,”Make-A-Wish was the catalyst for all of my life.”

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
Make-A-Wish® Japan

「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」という意味のボランティア団体です。3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。メイク・ア・ウィッシュは独立した非営利のボランティア団体で、宗教的、政治的団体ではありません。

Make-A-Wish® Japan is a nonprofit organization founded in the United States that helps fulfill the wishes of children with a critical illness between the ages of 3 and 18 years old.

お力をおかしください
Need your help

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンでは、資金面での支援はもちろん、ボランティアとして時間や労力のご提供、募金箱の設置など、様々な支援を必要としております。ご支援いただける方は、下記のリンクからお願い申し上げます。

Make-A-Wish® Japan is in need of financial support, as well as volunteers to donate your time and energy, and to set up donation boxes. If you can help, please click on the link below.

大西修平
Shuhei Onishi

代表の大西修平は、重度障害を持ち、車椅子に乗っていますが、アメリカの大学を卒業し、その道のりの中で多くのスキルやスペシャリストとしての資質を身につけていきました。その力を今後の活動に活かしていきたいと考え、インウェブアウトは彼の個人的な信念を持っています。

Shuhei is a Tokyo based freelancer and study abroad counselor. He has a severe disability, Progressive Duchenne Muscular Dystrophy, and uses a wheelchair. In spite of this difficulty, he graduated from a college in the U.S. and acquires many skills and specialist-oriented qualities along his journey. He hopes to provide his power for future endeavors. InWebOut holds his personal belief.

Learn More About Shuhei

インウェブアウト留学センター
InWebOut Center for International Education (ICIE)

インウェブアウト留学センターは、ハワイ留学サポートを中心に行っている留学エージェンシー及びハワイ留学経験者のインウェブアウト大西修平が起ち上げた留学サポートエージェント事業です。各提携校とは契約を交わし、各学校の日本オフィシャル窓口及び代理店となっております。

InWebOut Center for International Education (ICIE) is a Hawaii study abroad agency. In 2019, ICIE made a recruiting partnership with University of Hawaiʻi – Kapiʻolani Community College in order to make a dream come true of students with disabilities who would like to study abroad and without disabilities as well. Now, ICIE can help students any assistance for study abroad in Hawaii.

Learn More About ICIE